サマナーズ
サマナーズウォー攻略wiki
属性相性関係の仕組みと効果倍率

属性相性関係の仕組みと効果倍率

最終更新 :
サマナーズ攻略からのお知らせ
みんなが何を入手したかSNSで見てみよう!

サマナーズウォーの属性相性について解説しています。属性が有利/不利時に発生する効果と倍率も紹介しているので、バトルをする際の参考にしてください。

目次

序盤攻略まとめはこちら!

序盤の効率的な進め方

属性同士の相性

属性によって相性がある

属性の相性は決められており、火水風においては有利と不利が三すくみで構成されている。光闇に関しては、攻撃側が有利属性と判定される。

属性相性による効果

※攻撃側の属性相性を掲載しています。

有利属性・確率で強打発動(ダメージ30%上昇)
・クリティカル率が+15%
不利属性・確率でミスが発動
 (ダメージ30%減少+弱化発動なし)
・クリティカル率が-15%

敵を攻撃する際に確認できる

バトルで敵を攻撃する際は、相手の頭上に矢印が出現する。相性なしは「黄色」、有利なら「緑」、不利なら「赤」の矢印で判別することができる。

有利属性は確率で強打が発動

強打が発動するとダメージが30%上昇

有利属性のモンスターが敵を攻撃すると、確率で強打が発生する。属性有利は必ずダメージが上がるわけではなく、この強打が発生しなければ「相性なし」と同じ通常ダメージとなる。

パッシブやスキルで強打になる場合もある

モンスターの中には、水イフリートのように攻撃時は有利属性になるパッシブや、マジカルブラウニーのような強打が確定するスキルがある。不利属性に攻撃する場合は、属性相性を選ばないスキルを使おう。

不利属性は確率でミスが発動

ミスが発生するとダメージが30%減少

不利属性を攻撃すると確率でミスが発生する。強打と同様に、ミスが発生しなければ「相性なし」と同じ通常ダメージを与えられる。

ミス発生時は弱化が付与できない

ミスが発生してもダメージを与えられるが、弱化効果は発動しなくなる。不利属性は弱化効果を付与しづらいため、単体弱化スキルを使用する際は相手の属性をしっかり確認しよう。

属性差でクリティカル率も変わる

クリティカル率が15%増減する

属性相性によってクリティカル率も変動する。有利の場合は+15%、不利の場合は-15%と、敵の属性相性によって確率が変化することも覚えておこう。

確率はステータスの値と合算される

属性相性によるクリティカル率は、ステータスの数値と合算される。クリティカル率が85%のモンスターが、有利属性の敵を攻撃すれば100%クリティカルが発動することになる。

サマナーズウォー他の攻略記事

序盤の効率的な進め方

モンスター関連

システム解説

素材やアイテムの集め方

※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]Com2uS Corp.

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

サマナーズウォー掲示板

ランキング情報

モンスター情報

レア別モンスター一覧

属性別モンスター一覧

タイプ別モンスター一覧

ルーン情報

ダンジョン攻略

初心者向け情報

モンスター育成

召喚士レベルの上げ方

システム解説

素材の集め方


[記事編集]GameWith
[提供]Com2uS Corp.

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中